たのう米穀の日々の模様の紹介です


by tanoubeikoku

<   2011年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2回目の穂肥

b0193771_20462641.jpg

昨日、2回目の穂肥を散布しました。

出穂し始めてからの穂肥とは、遅くなりましたが、
この肥料なら大丈夫です。

使った肥料と散布量は1回目と同じく
コーボしきしま9号を10アール当たり15kg

今年は分けつの本数が多い為なのか、
1回目の穂肥で色が出るのが少ない・・・。

2回目の施肥量を多くしたいところですが、予定の施肥量にしました。
これも体験学習・・・。
[PR]
by tanoubeikoku | 2011-07-26 20:48 | 稲作

穂肥1回目散布後の稲

先週12日に穂肥1回目として
10aあたりコーボしきしま9号15kgを散布しました。
写真左側の田が穂肥散布後6日目の模様。
N成分で1.35kg入っていますが緑色がぼんやり濃くなる程度。
有機配合肥料の為、肥効が穏やかです。

次回は23日前後に散布します。
b0193771_1328204.jpg

[PR]
by tanoubeikoku | 2011-07-21 13:29 | 稲作

2ヶ月後には稲刈り

沖縄では新米が収穫されたそうです。

さすが早いですね~

沖縄産の米は食べた事が無いものでどんな味がするのか興味深々です。


気が付くと、もう7月ですからね。
出雲平野も2ヶ月後にはコシヒカリの稲刈りが始まっている事でしょう。
ハナエチゼンは40日後には稲刈りできる稲もあるでしょう。

今日、取引先の農家さんの田へ行き、稲の状態を見たところ
4月25日に田植えされたコシヒカリに幼穂が出来ていました。
幼穂とは茎の中にある稲穂の赤ちゃんのようなものです。


とうとうやってきました!この時期が!!!!!
コシヒカリの穂肥時期です。

4月末にされたコシヒカリは7月10日~14日あたりが1回目の穂肥時期だと思います。



明日も長靴、カッターナイフ(稲を分解する為に必要)持って田んぼに行ってきます!
[PR]
by tanoubeikoku | 2011-07-06 01:42 | 稲作